相続税の配偶者控除

相続税は亡くなった方の配偶者に対して、間違いなく課税されます。
相続される金額によってはその負

相続税と路線価

相続税に関係する財産を評価する上で、不動産について価値をはかる上では『路線価』が指標になっています。

相続税最新情報

相続税について配偶者に懸念されること

相続税は、身内に亡くなった方がいて、その財産を遺産として受け継ぐことになったという場合に納付しなければならない税金です。
亡くなった方が被相続人、財産を受け取る方が相続人という関係性になります。
ここで亡くなった方の配偶者については、法律によってどのような場合についても必ず相続人になります。
亡くなった方との人生を一緒に過ごしてきた方です。
先立っていく被相続人の方としても、配偶者がこれからの人生を安心して過ごしていくことができるようにできるだけの保障をしなければなりません。
通常被相続人、配偶者は近い年齢にありますから、多くの相続税について納税する義務を負うということになると、配偶者は過大な負担を負うということになります。

刑事、民事どちらも全力で対応します
交通事故、労働問題、犯罪、借金問題などの法的難題に全力対応

すぐにご連絡下さい。事故トラブル

こんなに私の立場に立ってくれる税理士
親身な対応、お手頃な顧問料をモットーにする浅田会計事務所

相続税に関するご相談は、【札幌相続遺言相談センター】迄

題材に合わせて書いてみよう!
下手でも上手に書けるコツ!

相続税について

相続税に財産評価基準書

相続税を計算するにあたって、相続される不動産について評価するために用いられる『路線価』を示すものとし

  • トップページ
Copyright© 相続税l Rights Reserved.